清潔感がでる

診察

人によっては、ほくろを自分のチャームポイントとして扱う人もいますが、多すぎるとあまり見た目的によくないでしょう。そういった人は、ほくろ除去治療を受けてみませんか?除去することで清潔感も出てきます。

最先端の治療法とは?

ウーマン

ほくろを除去した後は、やはり傷が残ってしまいます。この傷を残さないようにするには、最先端である創傷治療を受けたほうがいいでしょう。そうすることで、綺麗に跡かたもなく消せます。

気がついたらできている

看護師

コンプレックスに感じる

ほくろが体にあると、人によってはコンプレックスに感じてしまうでしょう。特に顔にできているほくろは、そう強く感じてしまうことが多いとされています。そんなほくろは、どうしてできてしまうのか知っているかと聞かれたら答えられる人ってそうそういませんよね。ここでは、ほくろとは何かをご説明していきます。

良質の皮膚病変

ほくろは、漢字で書くと「黒子」になります。これは、黒い点のようなものが肌にできるからこう呼ばれているのでしょう。医学用語では、「色素性母斑」や「母斑細胞母斑」などと呼ばれており、一部分へ集中的にメラニン色素が増殖してしまう良質の皮膚病変になります。良質となれば、そのまま放置しても問題はないと思うでしょう。自分のチャームポイントとしてあるのなら問題はありませんが、見た目的な問題でコンプレックスを感じてしまうと除去したいですよね。また、ほくろは黒だけではなく茶色や青色などもあります。青色に関しては、皮膚のかなり深いところにできているので、レーザーで除去するには難しいとされています。

治療しなければ無くせない

ほくろは、放置しても問題ありません。ですが、何もしなければ現状維持状態になります。それに、稀にですが急成長するものや変色してしまうものがあります。こういった場合は、悪性腫瘍の可能性があるので除去する治療を行わなければいけません。また、大人になってから紫外線によってほくろができやすい状況になります。こうなると、どんどんとほくろが増えてくるでしょう。綺麗な肌を維持したいというのなら、専門のクリニックで除去治療を受けて、綺麗な肌にする必要があります。最近では、ほくろを除去するための治療機器も増えてきており、自分に合う方法で除去できるようになっています。

種類とそれぞれの原因

医者

ほくろには、種類があります。また、発生する理由がそれぞれ違います。自分がどんなタイプのほくろがあるのか、またほくろを除去する方法はどんなものが有効なのか知りましょう。

レーザーで取る方法

女性

ほくろを除去する方法として今最も利用されているのは、炭酸ガスレーザーになります。これは、とても綺麗に除去することができますし、傷跡も残らないことからクリニックで使われていることが多いのです。

口コミを事前に確認

レディ

ほくろを除去する治療を受けるとなれば、初めてだとやはり不安な思いはあるでしょう。そういった時は、事前にほくろを除去したことのある口コミを確認してみてください。そうすることで、どんな感じで進めていくのかを知れます。