婦人

最先端の治療法とは?

ウーマン

ほくろ除去した後の治療

ほくろ除去を行なった後は、しっかりとケアしなければ傷跡が残ってしまうことがあります。ですから、ただ除去するのではなく綺麗に跡を残さないようにすることも必要になってきます。そのケアの方法として今注目されているのは、創傷治療になります。これは、ほくろの大きさや除去した後の状態で最適な方法でケアできるように創傷被覆材を使用する治療になります。どのようなものがあるのかまとめていきます。

使用されることが多い材質

ポリウレタンフィルム・ドレッシング材は、医療機関で使われていることが多いものになります。これは、片面が粘着する面となっている透明なフィルムで水蒸気や酸素が透過できないようになっています。こうすることで、フィルム内が蒸れないようになっています。それに、出血を伴わない創面や水疱の保護などの予防にも使われています。ほくろの除去の治療を受けた後に使われることが多くて、ケアには最適なフィルムになっています。

目立ちにくいフィルム材

ハイドロコロイド・ドレッシング材は、シート状になっており外側からの防水がしっかりとできるようになっています。また、外気からも遮断できるようになっています。このフィルム材に使われている水性コロイド粒子は、浸出液を吸収していることで湿潤しているゲルになります。このゲルが肉芽増生や上皮細胞の移動に最適な環境を提供できるので、外気中の酸素を遮断できて創部の毛細血管形成が促進されるようになります。それに、創面に適合しやすい薄いものになるので患部に貼っていても目立たないものになっています。

消毒やガーゼを使わない

傷を残さないようにするのなら、ほくろの除去治療を行なった後に消毒やガーゼを使って処置すると思いがちでしょう。しかし、こういった方法で傷をケアしてしまうと跡が残りやすいのです。ですから、上記に紹介したフィルムを使用してアンチエイジング効果のあるものを塗布して湿潤できるようにします。そうすることで、肌の細胞の働きが活発になり、傷の治りが早くなりますし、綺麗に傷を治すことができます。ほくろ除去の治療を受けるのなら、こういったケアを行なってくれるクリニックを選んでみてはどうでしょうか。