婦人

清潔感がでる

診察

ほくろが沢山ある…

顔にほくろが沢山あると、コンプレックスに感じるでしょう。また、沢山なくても大きなほくろだったり、目立つところにあったりすると数が少なくてもコンプレックスに感じると思います。それに、これは自分だけがコンプレックスを感じるのではなく、見た目的にも悪くなってしまいますし、場合によっては人によって不快感を与えてしまう印象にも繋がってしまいます。ですから、コンプレックスを感じるほくろなら除去したほうがいいのです。除去してしまえば、人に与える印象も変わりますし、自分に自信もつくようになります。

清潔感が出てくる

ほくろの数や大きさによっては、先ほども書いたように人に不快感を与えてしまうことがあります。こうなると本人的には、自分に自信がなくなってしまって人と顔を合わせるのも嫌になることもあるでしょう。このようなことを避けるには、除去治療を受けるのが最善の対策となります。また、コンプレックスを感じているのならほくろ除去することで顔の印象がすっきりとして清潔感を出せます。清潔感を出して印象をよくしたいのなら、ぜひ専門のクリニックで治療を受けたほうがいいでしょう。

小さいほくろなら自分で

ほくろが小さいものだったら、クリニックへ行かなくても除去する方法があります。それは、お灸を利用してほくろ除去することです。お灸は、ヨモギの葉を原料しているもぐさを使った温熱療法になります。ただ、もぐさなら何でもいいというわけではなくほくろを除去する専用のもぐさを使用したほうがいいとされています。その理由は、通常使用するもぐさだとほくろに対して大きくなるからです。そのため、ほくろ除去専用のもぐさがあります。方法としては、もぐさを1mm~2mmの大きさにしてほくろに乗せ、線香で火をつけるというのを数日続けます。これを続けることで、ほくろが乾燥して取れるという流れになります。乾燥するまで続けることがコツなので、乾燥していない状態で無理に取ろうとすると炎症を起こしてしまうので注意が必要です。ただ、この方法は平たいほくろに効果的ですが、色が薄い・輪郭がはっきりしていない・隆起しているなどのほくろには向いていないと言われています。それに、コツが必要となる民間療法になるので、自分でするのは不安だというのなら、専門のクリニックに出向いてほくろ除去の治療を受けたほうがいいでしょう。