婦人

種類とそれぞれの原因

医者

ほくろに種類がある

ほくろは、皮膚病変ですが、種類があります。また、種類によって良性、悪性、遺伝性疾患などに分かれます。具体的にどのような種類があるのか、また原因は何なのかここではまとめてみました。

良性病変となるほくろ

良性となるほくろは、単純黒子、色素性母斑、老人性色素斑、そばかすやじゃくらんがあります。単純黒子は、皮膚の上層部にある表皮基底層という部分にメラノサイトが増えたことで発生する黒い色素斑になります。色素性母斑は、メラノサイトが皮膚の幾層に増えたことで発生します。これは、小さなものから大きなものまでさまざまな大きさになります。老人性色素斑は、中高年の年代の人達の顔や手、腕などにできる色素斑です。紫外線によるものが多いことから、年を重ねてから細胞の働きが低下する頃に起こるとされています。そばかすやじゃくらんは、幼少期から思春期にかけて顔に現れる小さな色素斑になります。これは、紫外線を浴びることで悪化してしまい、数が増えるといわれています。

悪性病変となるほくろ

良性とは違って、悪性病変と呼ばれるほくろは早急に除去しなければいけません。ほくろ除去せずに放置すると更に大きな病気へと発展してしまうからです。では、どういったものが悪性病変とよばれるほくろなのか説明していきます。まずは、基底細胞がんです。これは、基底細胞と似ている形の細胞が増殖するがんになります。初期段階では、小さなほくろになりますが、1mm~2mmほどの黒紫色の盛り上がったほくろとなり、その後に数個がくっつくことで中央がへこんだ状態になる潰傷になります。悪性黒色腫は、メラノーマとも呼ばれている悪性のほくろになります。これは、皮膚のメラニンががん化したことで発生した腫瘍になります。色は、黒また淡紅色をしています。このようなほくろが発生した場合は、すぐにクリニックへ相談して除去してもらったほうがいいでしょう。

遺伝性疾患のほくろ

色素性乾症にような日焼け症状によって、色素斑や脱色素斑、毛細血管拡張または委縮などの皮膚炎を起こすことで発生します。この場合は、遺伝性となるので血縁関係の人にほくろが多い場合、こういったことがきっかけで増えてしまう可能性が高いのです。
このように、ほくろだけでもこれだけ種類が分かれますし、原因もそれぞれ違います。悪性の場合は、すぐにでもほくろ除去の治療を受けたほうがいいでしょう。それに、良性でも遺伝性でもコンプレックスに感じるのならほくろ除去は行なったほうがいいとされています。自分に自信をつけるためにも、ほくろ除去の治療を受けてみてはどうでしょうか。